読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学での勉強について僕はこうだと思いたい

僕の肌感として、日本で大学で物凄く勉強して社会人として働いている人はとても少ないのではないかと思う。なので、就活生がよく言っている「自分の研究を口頭で伝えるのは無理だ。なので、面接官が理解できない。だからといって、コミュ力がないとか言われて落とされるのは勘弁してほしい」はあながち間違いでも言い訳でもないと思う(リーマンのゼータ関数について最近こういった新しい手法が提唱されてまして、これを他の分野に応用すると....みたいな感じの研究だと)けど、僕は彼らが大学で勉強したようには感じられないのはこうだからだと思いたい。

社会は大学よりずっと広いから。

社会人として働くためには社会で働かなければいけません。けれども、社会は大学なんてよりずっと広いのです。だから、大学で勉強してきた事なんかよりもずっとずっと働く上で必要な事がたくさんある。
だから、彼らは大学でちゃんと勉強したようには見えないのだと。


こんなとこです。