読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事がなくなる時代の働き方

最近こんな本がたくさんあります。

「仕事がなくなる時代の働き方」

 

いちえいには、全く存在している理由がわかりません。

 

だって、仕事がなくなる事っていいことでしょ。

働かなくて済むんだよ。IT技術万歳。わー、ITってすげー。

 

えっ、働かないとお金稼げないから死んでしまうって?

 

そんなわけないじゃん。ここは日本ですよ。

餓死している人なんて年間何人いると思ってるのさ。(実際に数人はいる)

 

それに、働いてない人は遊ぶから、その人たちを楽しませればお金は入ってくるでしょうよ。暇になった人々が何するかを考えれば新しいビジネスチャンスがあるだろうね。人間って暇になったら逆に勉強とかするんじゃないですかね。

(いちえいは、数学を「いつやるの、今でしょ」とか言いながら教えるかな。もちろん内容は世界最先端の内容で高校生がやる内容ではないですよ。)

 

仕事が好き。社会のために何か貢献したい。って人は働けばいいじゃん。

 

いちえいは、家族と愛犬と一緒にまったり暮らして、クラシックを聞きながらコーヒー片手に本読んでたいよ。働くよりは。

 

こんな事言ってるけど、いちえいは来年から働きます。

 

なんで、働くんだよ?って、

「社会勉強」と「働いた方が視野が広がるかな~」って思うから。

スキルも身に付けたいし。

 

(知ってますか、皆さん。日本の大手企業は資格を取っただけでお金をくれるんですよ。だったら、会社に入って資格取った方が良いに決まってるでしょ。)

 

 

こんなとこです。